厚生労働省が提供してくれている睡眠対策情報


実は厚生労働省は、睡眠対策情報をまとめてくれています。

厚生労働省のサイトを見てみると、「健康づくりのための睡眠指針2014」というPDFが掲載されています。
ここには冒頭に睡眠12 箇条が書かれています。

~睡眠 12 箇条~
1.良い睡眠で、からだもこころも健康に。
2.適度な運動、しっかり朝食、ねむりとめざめのメリハリを。
3.良い睡眠は、生活習慣病予防につながります。
4.睡眠による休養感は、こころの健康に重要です。
5.年齢や季節に応じて、ひるまの眠気で困らない程度の睡眠を。
6.良い睡眠のためには、環境づくりも重要です。
7.若年世代は夜更かし避けて、体内時計のリズムを保つ。
8.勤労世代の疲労回復・能率アップに、毎日十分な睡眠を。
9.熟年世代は朝晩メリハリ、ひるまに適度な運動で良い睡眠。
10.眠くなってから寝床に入り、起きる時刻は遅らせない。
11.いつもと違う睡眠には、要注意。

引用:厚生労働省 健康づくりのための睡眠指針2014

大枠で言えば下記のようなことを言っています。

良い睡眠でこころもからだも健康になりましょう。
適度な運動は入眠しやすくしてくれ、朝食によって目覚めが促せます。
昼間に眠くならない程度の睡眠が必要で、大抵の人は6~8時間が自然です。
良い睡眠のために、良く眠れる環境を整えましょう。
勤労世代にとって睡眠は、疲労回復、能率のアップにつながります。

気になった方は本文を確認されてみると良いと思います。
われわれの払った税金で作られているわけですし、こういうものは活用していきたいですね。

睡眠対策は、生活習慣病予防のいちカテゴリとなっています。
睡眠対策のほかには、運動施策の推進、栄養・食育対策、たばこ対策 、アルコール対策、女性の健康づくり、生活習慣病を知ろう!、などのカテゴリがあります。

コメントを残す




Menu

HOME

TOP