睡眠改善の方法~睡眠サプリの効果は?

  • 睡眠の質を改善
  • 寝つきをよくする
  • 寝起きをスッキリさせる

などの睡眠改善の方法の一つとして、サプリメントはどうなのでしょうか?
今回は睡眠とサプリメントについて書いていきます。

睡眠サプリとは

一般的に睡眠改善効果のあるサプリメントを睡眠サプリと呼んでいます。
睡眠薬のように劇的な効果は期待できませんが、睡眠サポート成分が穏やかに作用することにより睡眠の改善が期待できます。

主な種別としては、

  • アミノ酸、ビタミンB群のような普段摂取する食品に含まれているもの
  • メラトニンのようなホルモン物質、またはホルモンの分泌を助けるもの
  • リラックス効果や沈静効果をもつ、ハーブ、漢方のようなもの

に分かれます。

睡眠改善に効く代表的なアミノ酸

睡眠改善に効くと言われるアミノ酸は

  • 緑茶に多く含まれる「テアニン」
  • トマトなどに多く含まれる「ギャバ(GABA)
  • ホタテ、エビなどに多く含まれる「グリシン
  • 肉類、魚類に多く含まれる「トリプトファン

が有名です。
これらは元々食品に含まれていることから過剰に摂取しない限りは副作用がなく、安心して摂取できます。

食品に含まれている成分が効くのかと疑問に思われる方もいると思いますが、自分に合っている成分であれば実感できるレベルでの改善効果があると思います。

実際に効果はあるのか?

筆者は「グリシン」を飲んでいますが、寝起きのスッキリ感、昼間の眠気のなさが飲んでいない時にくらべてかなり改善されました。
ただし、前述のように個人差があり、友人に試してみてもらっても効果はイマイチ実感できないようでしたので、自分に合った成分を見つけることが重要だと思います。

睡眠サプリを飲むタイミング

一般的に睡眠サプリは就寝の1~2時間前に飲むのが良いといわれています。
睡眠薬と違って、睡眠サプリの成分は穏やかにゆっくりと作用するためです。

飲み合わせについては、コーヒーやエナジードリンクのようなカフェイン含む飲料で飲まないようにしてください。
カフェインは意外と長時間影響を与え4~6時間は覚醒効果が持続するといわれています。
普段、問題なく寝つけているといっても、睡眠の質を低下させている可能性もあるため、就寝の6時間前からは摂取しないようにするのが無難です。

市販の製品はどうなのか?

お試しで安く売っていることもあるので、色々試して自分にあった睡眠サプリを探すのが良いと思います。
ただし、市販のものは色々合わせて割と割高価格で売られていることも多いため、その辺が気になる方は成分そのものを買い求めてみてはいかがでしょうか。

最後に

睡眠サプリの効き目には個人差があります。
自分に合ったものを探して、良い睡眠ライフを送って頂きたいです。
価格が高いと感じた場合は、成分そのものを探して買い求めてみるのがオススメです。

コメントを残す




Menu

HOME

TOP