睡眠改善の方法~普段の生活で注意する点

中々寝付けない、眠りが浅いな、と感じたら普段の生活で睡眠に悪影響がある行動がないか見直してみてはいかがでしょうか?
今回は見直しポイントについて紹介していきたいと思います。

良い睡眠サイクルを作る

  • 就寝、起床時間をなるべく同じにする
  • 昼寝は15~30分以内に抑える
  • 体を動かす

なるべく、就寝、起床時間を同じにすることで、寝つきが良く、寝起きがスッキリする良いサイクルが産まれます。

また昼寝はし過ぎないようにしましょう。眠気が中々こなくなってしまう可能性があります。

適度に体を動かすことで就寝時に自然に眠気が発生し、スムーズに寝付けるようになります。

就寝時にリラックスできる環境を整える

  • 湯船につかる
  • 就寝前に大量に食べ物を食べない
  • できるだけ暗く、静かな環境を整える
  • 部屋を暑くしすぎない

人間は体温が下がるときに眠気を感じやすくなっています。

そのため、お風呂に入ることで就寝前に体温低下が起こり、入眠しやすくなります。

部屋を暑くしすぎると逆に眠りにつきにくくなるため注意してください。

また寝る前に食べ物を大量に食べると、胃腸が活発に活動し、眠りが浅くなってしまうため、注意してください。

睡眠について正しい知識を持つ

  • 睡眠時間にこだわりすぎない
  • 必要以上に寝不足を気にしすぎない
  • 就寝時には頭を空っぽにする

これだけの時間練る必要があるから寝る!というように睡眠時間の長さにこだわりすぎないようにしてください。

必要な睡眠時間には個人差があります。日中に眠くなりすぎないことを目安に自分に適した睡眠時間をつかんでいってください。

寝だめはできないが、寝不足の借金を返すことはできると言われています。

寝不足になったからといって過度に気にせず、次の日にしっかり休めばよいと考えて過ごしましょう。

寝る前にあれやこれやと悩んでも仕方がないため、自分の頭がからっぽにできるような工夫ができると良いでしょう。

コメントを残す




Menu

HOME

TOP